分譲住宅を徹底解説

こちらのサイトは、分譲住宅の情報をまとめています。
その概要や選ぶメリット、安く購入するためのコツ、ローンの組み方といった情報が掲載されています。
タイトルごとにページが分かれているため、自分が知りたい情報を即座に確認することが可能です。
これから家を購入したいと考えている人が最初に見ておくことで、基本的な知識や考え方を身に付けることができます。
すぐに購入しない人でも、見ておくことで将来的に役立つ情報満載です。

分譲住宅とは

分譲住宅とは 分譲住宅の概要をはじめに知っておくことで、そのメリットがわかります。
分譲住宅は建売とも呼ばれており、分譲地に建てられ、完成してから販売される一戸建て住宅のことを指します。
マンションも一応このカテゴリーに入りますが、マンションの場合は分譲マンションと呼ばれるのが一般的です。
メリットはまず、完成した状態で売られていることから、状態を確認して購入を決められることが挙げられます。
また、分譲地の区画で同じような建物を一度に何棟も建てるので、一軒当たりの建設コストが下がります。
その結果、注文住宅を購入するのに比べて低コストで購入できるメリットも享受可能です。
土地もセットになっているので、土地探しをする必要もありません。

分譲住宅の概要から見たデメリットには何があるのか

分譲住宅の概要から見たデメリットには何があるのか 分譲住宅の概要は、街並みを形成する一戸建て住宅の分譲売りなどの特徴があります。
分譲住宅は、1棟だけを売り出すのはなく、一度に数棟をまとめて販売を開始する、物件数が多い場合には第1期と第2期などのように分譲を分けて販売を行うなどの特徴を持つ一戸建て住宅です。
規模が大きなものなどの場合は、10数棟以上のケースもあり、角地にある物件から売れることが多いなどの特徴も持ちます。
ちなみに、角地にある住宅は2面道路と呼ぶもので、東南の角地が最も人気が高く、続いて南西の角地や北東、北西の角地の順に人気を集めています。
2面道路は日当たりの確保がしやすいなどの理由からも人気がありますが、人通りが多い通りに面している場合、日中でも外から家の中を見ることができるため、カーテンを閉めておかなければならないなどのデメリットもあります。
そのため、東南の角地が必ずしも良いわけではないわけです。
また、分譲住宅は土地と建物をセットにしているため、家が気に入っても駅から遠くて通勤や通学に不便なケースもあれば、逆に通勤や通学には便利だけれども、間取りが少々使いにくなどのケースもあるので、両者の妥協点を決めておくことが大切です。

住宅に関する情報リンク

さいたま市 分譲住宅